忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ずっと休んでてスイマセンでした。
体調不良とか色々あったもので。
やっとこさ再開です。
ボトボチ行こうと思ってますが。
今回のテーマは、動物園です。

個人的には、動物園ってあんまり馴染みが無いんですよねぇ。
ガキの頃に何回か行ったぐらいでしょうか。
ソレも回数が少ないんですよ。
母親が動物園って嫌いなので。
最近はすっかりご無沙汰してます。

だから動物園の記憶があまり無くって。
天王寺動物園には何回か行ってる筈なんですが、
記憶に残っていません。

記憶に残ってるのが、北海道の帯広動物園。
以前ブログで書いた恐怖の観覧車のある遊園地が、
併設されていた場所です。
動物園も凄かったんですよ。
かなり昔に行ったんですが、
インパクトが強かったので未だに記憶に残ってます。

園内にはいろいろな動物が飼育されてましたが、
目玉があの映画にもなった「南極物語」の主人公、タロの子孫。

檻の中に何頭かの犬がいたんですが、
どう見てもただの犬です。

そりゃあねぇ、タロやジロは立派だったと思いますよ。
厳しい南極の自然に一年間耐えたんですから。
食料も自分で調達して。
そんなタロやジロも犬だから、
とっくの昔に死んるってのも理解出来ます。
せめて子孫でも、という気持ちも解らなくはないんです。
だけど飼育されている犬が何をやった、という訳でもないし。
のほほ~んと檻の中でくつろいでるダケですし。
まるでどこかの会社のボンボン社長みたい。
ちょっとコレはど-かなぁと、ガキでも思いましたよ。

あともう一つの目玉が凄くってねぇ。
空っぽの檻で、中に入る事が出来るんです。
で、檻には「ヒト」と書かれたプレートが。

オイオイ、監獄かよw
“ヒトも動物の一種”という考えから設置されたそうです。
確かに間違ってはいませんけどねぇ。
しかし入園料を払ってコレでは…
第一、ヒトの檻なんて全国各地にありますし。
帯広の近くだと網走とか。
中に入って見学は出来ませんけど。

もう長い間行ってませんけど、
北海道に行く機会があったらもう一度行ってみたいなぁ。
観覧車がどうなったのかも気になりますし。




本日の一曲
「ZOO」エコーズ
歌詞が良いんですよねぇ。
シニカルな視点の人間観察が。
作詞をした辻仁成、後に作家になるわけですな。
でもバンド活動は続けて欲しかったなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]