忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは猫です。

今は飼ってませんが、昔は飼ってました。
あのくろっちょんとか。
あ、くろっちょんはこちらを読んで頂けるとだいたいわかります。
一口で言うと、たまらん猫ですな。

だから今一番身近な猫といえば、
親戚ん家の猫になります。
名前は「タマ」。
雑種のメス猫で、10何歳のおばちゃん猫です。
昔はマメに動いてましたが、
今は日向ぼっこすることが多いようで。
くろっちょんと違って口も卑しくないし、猫のいい猫です。

そういえばギモンに思う事が一つ。

ナゼ鼻先に指を出すと、
匂いを嗅ぎだすんでしょうか?

別に匂いを嗅ぐ必要はないと思うケド。
何故かクンクン嗅ぎだします。
どーしてなんでしょうねぇ。
大きな疑問です。

猫といえば某駅長。
昔から知ってますが、
今や招き猫を通り越してCMにまで出る始末。
すっかりメジャーな存在になりました。
でも今はガラスケースの籠の鳥。
果たして猫にとってはそれが幸せなのかなぁ。
ちょっとギモンに思います。





本日の一曲
「Shotgun Sally」Cats In Boots
鳴り物入りでデビューしたバンドのデビューシングルです。
典型的なL.A.メタルですね。
PR

今回のテーマは、久し振りにくろっちょんです。

くろっちょんというのは、昔ウチで飼ってた猫でして。
本当はクロと言うんですが、くろっちょんが仇名になってました。
野良上がりだったせいか、と~ってもワイルドな猫でねぇ。
オカズを掻っ攫うのは当たり前。
あまりに被害甚大な為、繋いで飼う事を余儀なくされてました。
移転前のブログで、そのあたりの話は書きましたが。

さてそんなくろっちょんですが、基本的には大人しい猫でした。

食べ物の気配さえしなければ。
食べ物の気配が少しでもすると、
ニャ~っと怒涛のクレクレコールが始まったのですが。
どうやらくろっちょん、食べ物以外には関心がないようでした。
だから普通の猫が嫌がるような事も、平気で出来ました。

今のような寒い季節、風が冷たくって寒いですよねぇ。
首筋や襟元にも風が入り込んできて。
くろっちょんをお散歩に連れて行く時も、それが悩みでした。
でもね、ピッタリな方法があったんですよ。

名付けて、“くろっちょん帽”。
何の事はない、くろっちょんを肩車にしたダケなんですが。
後ろ足を肩に、前足を頭に持って来る訳ですね。
ソレが、結構暖かくって。

生きてる猫だから、当たり前なんですが。
大人しい時のくろっちょんだからこそ、出来たと思います。
文字通り、
「猫を被った」状態なんですからねぇ。

一見便利なように見えるくろっちょん帽ですが、欠点もありました。
まず食べ物に弱い事。
気配を感じただけでくろっちょん、
一目散にソッチへ向おうと暴れ出しました。
くろっちょんの性格上、仕方ありませんね。
出先で食べ物に遭遇しない事を祈るのみでした。
もう一つの欠点は、致命的な事で。
普通、飼っている猫にパンツを履かせませんよねぇ。
くろっちょんもすっぽんぽん、オールヌードの状態で飼ってました。
となると、肩車にした時に一つ問題が。

オイラのうなじに、
くろっちょんのキャンタマが当るんです。

くろっちょんも男の子でしたからねぇ。
あのグニュッとした感触は、堪らないモノがありました。
下手したら、オシッコが付いたままの時もあったし。
かくて妙案に思えたくろっちょん帽も、
結局のところ廃れてしまったのでありました。

今回の記事は構成上少々下品になった事を、深くお詫び致します。





本日の一曲
「RUMBLE IN BRIGHTON」STRAY CATS
畳み掛けるようなDrとサーフロックのようなGから始まりますが、
後半はかなり激しいフレーズになります。
ビグスビーのユニットでこんなアーミングして、
チューニングが心配になるほど。
さらっとブライアン・セッツアーは弾きこなしてますけど、
かなりのテクですよ。
忍者ブログ [PR]