忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、あの大英帝国が誇るおバカ番組、
「モンティ・パイソン」です。

とはいえ、様々な解説サイトに詳しく書かれてるんで、
オイラと「モンティ・パイソン」の馴れ初めから。

それは知人の家で開催された宴会でした。
一次会も無事終わり、
二次会はビデオ鑑賞会じゃーと様々な作品を見たんです。
その中に「モンティ・パイソン・アンド・ナウ」がありました。
それまで吉本新喜劇がコメディの金字塔だったオイラにゃ、
目からウロコでしたよ。

だって百万倍面白いんですもの。
何も知らない田舎娘が都会に出てきた時の反応、
それと同じだと思います。
兎に角、あっけにとられました。

こんな世界があったのか、と。
もちろん、それからハマりっぱなしになり、
今に至ってます。

そんな「モンティ・パイソン」ですが、TV版や何本もある映画など、
様々な作品があります。
オススメはやはり「モンティ・パイソン・アンド・ナウ」でしょうか。
スケッチ(モンティ・パイソンではコントの事をスケッチと呼びます。)が、
TV版より更に洗練されて収録されているからです。
スケッチ間の繋ぎも滑らかになってるし。
それに吹き替えがまた豪華でいいんですよねぇ。
山田康雄さん、納谷悟朗さん、広川太一郎さん、飯塚昭三さん、
青野武さん、古川登志夫さん、松金よね子さん、と涙が出そうです。
殆どの方が鬼籍に入られましたし、今では聴く事の出来ないやりとり、
それがスケッチを盛り立てていると思います。

好きなスケッチは「他人から身を隠す方法」と「木こりの歌」でしょうか。
「他人から身を隠す方法」は、ブラックな所が良いんですよねぇ。
オチもブラックだし。
「木こりの歌」は、意気揚々に歌うマイケル・ペイリンの表情が。
めちゃくちゃ楽しそうで。
オチとのギャップが素敵な歌です。

とまぁいつものようにダラダラとした文章ですが、
モンティ・パイソンは機会があったら見る事をオススメします。
百聞は一見に如かず、見なきゃ人生損してますよ。
そしてパイソニアンが一人でも増えればいいなぁ、
と思うオイラなのでした。





本日の一曲
「The Liberty Bell March 」 John Philip Sousa
マーチ王、スーザの代表曲です。
日本で言ったら「軍艦行進曲」みたいな存在だそーで。
それをテーマソングにしてるって凄いなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
人生三十余年
実はきちんと見たことがありません!

DVDレンタルででも
いっぺん視た方がいいなあと思い始めました

笑いって暮らしの中に欠かせませんし!
コイツ 2013/10/15(Tue)09:40:13 編集
レスで御座います
コメント有難う御座います。

気軽にレンタルで見られる現在、
見ておいて損はしませんよ。
同時に当時のイギリスの文化を知ると、
さらに面白くなります。

仰る通り、笑いは暮らしの中に欠かせませんし。
天プラ 2013/10/15(Tue)14:15:30 編集
忍者ブログ [PR]