忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、バンドブームです。

先日、「リンダリンダラバーソール」という小説を読みまして。
作者は筋肉少女帯のVo.、大槻ケンヂ。
バンドブームを描いた小説なんですが、
「あー、中から見るとこうなってたんだー」って思いましたよ。
あの頃を知ってる方には、お勧めの小説です。

じゃあオマエはどうだったのかと言えば、
ずっと外から見てた方でした。
高校の同級生にはバンドをやってた連中もいたけど、
オイラはバカ(今でもそーですが)で貧乏でしたからねぇ。
そんな金あるわきゃない。
なけなしの金は、他の事に使ってたし。
でもね、「宝島」は毎月買ってたんですよ。
今じゃ週刊のビジネス誌になってますが、
当時は「宝島といえばロック、ロックといえば宝島」という存在でした。
ロック好き青少年のバイブルだった訳ですな。
当時はインターネットなんてなかったから、
雑誌に載ってる情報が全てでしたし。
広告も穴が開くほど良く見たものです。
ナゴムレコード(有頂天やたま、筋肉少女帯の)や、
キャプテンレコード(宝島お抱えだったんでやたら点数が多かった)、
太陽レコード(BUCK-TICKが所属してました)とかが印象的でしたね。

色々なバンドが雑誌を賑わしてました。
一番好きだったのは、筋肉少女帯でしょうか。
今も好きなんですけど。
やっぱりねぇ、初めて「高木ブー伝説」の広告を見た時は、
衝撃的でしたよ。
パンクスに変身した高木ブーと、
大槻モヨコの2ショットのイラストでしたから。
しかも描いたのが、当時「To-y」で大人気だった上條淳士。
で、タイトルが「高木ブー伝説」。
アレ程インパクトのある広告は、見た事がありませんでした。
「とにかく、何か知らんけど凄いのが出た!」って感じでした。
それからあれよあれよという間にメジャーデビュー。
一時期凍結されてたけど、去年復活したのは喜ばしい限りです。
はやく新しいアルバム出ないかなぁ。




本日の一曲
「踊るダメ人間」筋肉少女帯
一番好きな曲です。
某作家をモチーフにしたような歌詞、
橘高文彦の華麗なGに目が行きがちですが、
内田雄一郎のBもなかなか。
唸るような独特の音は、彼ならではだと思いますよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]