忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、前回に引き続き、特撮番組です。

円谷プロのあとは、やはりもう一つの雄、東映でしょう。

東映とくれば、やはり仮面ライダーシリーズ。
個人的には、「仮面ライダーアマゾン」が一番好きでした。
リアルタイムで見てた世代ですし。
最初の頃の雰囲気は、正直怖かったけど。
やはりモグラ獣人の存在が大きかったと思います。
モグラ獣人がいるだけで、画面が明るくなりましたし。
死んじゃったときの回は、凄く悲しかったなぁ。
そしたらあれよと言う間に番組自体も終わっちゃったし。
クロスネット解消の為、って言われてもガキにはわかんないし。
ましてや製作局がある関西ですからねぇ。
大人になって初めて知ったのでした。

あと忘れられないのが「人造人間キカイダー」。
キカイダーのデザインって、今見ても凄いんですよねぇ。
赤と青のボディで、乗ってるサイドマシンが黄色でしょ。
とにかく派手で、子供心を惹きつけられました。
ストーリーもハカイダーが登場するあたりから、
怒涛の盛り上がりを見せますし。
さすがドラマを描かせたら日本一の脚本家、
長坂秀佳がメインで書いただけはあります。
それでいてドラマに走りすぎてませんし。
絶妙な匙加減は、彼ならではだと思います。

そんな長坂秀佳が「自らの最高傑作」と豪語する作品が、
オイラの一番好きな東映作品、「怪傑ズバット」です。
この作品は、主人公の早川健に尽きると思います。
キザで孤独な風来坊、だけど何をやらせても日本一。
これ以上魅力溢れる主人公を、オイラは知りません。
腕っ節も、強いし。
変身しなくても、デストロンの怪人を倒せそうなほどですが。
更に凄いのが、悪の用心棒との特技対決。
毎回、度肝を抜かれます。
アイデアを出すのは、かなり大変だったそうですが。
「怪傑ズバット」という作品は脚本家と役者ががっぷリ4つに組み、
互いに切磋琢磨して作り上げた稀有な作品だと思います。
もうこういう作品、二度とないでしょうねぇ。

スイマセン、また次回に続きます。




本日の一曲
「ゴーゴー・キカイダー」秀夕木とコロムビアゆりかご会
今は亡き伝説のアニソン歌手、ヒデ夕樹の傑作です。
彼独特の温かみのある低音Voが、耳に心地良く響きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
BLACK
私が再放送でなく、リアルタイムで観たライダーと言うと、倉田てつをのBLACKであります。
いや格好良かった。
4スト初心者 2006/11/26(Sun)09:58:05 編集
レスで御座います
4スト初心者サマ

仮面ライダーBLACKとその続編RXは、
石ノ森先生が最後にかかわった仮面ライダーですからねぇ。
特にBLACKは原点回帰がコンセプトでしたし。
ただ原点回帰するあまり、倉田てつをに主題歌を歌わせたのは…
天プラ 2006/11/26(Sun)11:04:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]