忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマも、前々回前回に引き続き特撮番組です。

最終回の今回は、その他のプロダクションの作品から。

「電人ザボーガー」も好きな番組でした。
何よりも主人公の大門豊が“熱い男”であるのが魅力です。
ザボーガーに命令するだけでなく自らも徒手空拳で戦う姿は、
見ているガキに「あぁ、日本はこんなお兄さんに守られてるんだ」
と思わせるに充分な迫力がありました。
演じる故・山口豪久といえば、
「仮面ライダーV3」のライダーマンこと結城丈二役で有名ですが、
知的で影のある役が多かったように思います。
動か静かといえば、静のタイプですね。
大門豊は正反対の動のタイプですが、
演じる表情を見ると物凄く生き生きとしています。
それが御本人の性格なのか、主役に対する意気込みなのか、
今となっては確認する術が無いのは、非常に残念です。

「クレクレタコラ」は本放送の時、
幼かったんであんまり記憶に残ってませんでした。
かすかに「あぁ、そんな番組あったっけ」って思うくらい。
後年、レーザーディスクで見て衝撃を受けました。

どう見ても子供に見せられない子供番組
なんですよ。
とにかくヤバくって。
最初のあたりは普通のドタバタコメディなんですが、
問題なのは中盤以降。
ネタ切れなのか視聴率対策なのか、暴走しまくり。
ウイリアム・テルよろしく、
タコラが相方のチョンボの頭上のりんごを射抜く回があるんですが、

1本目の矢、チョンボの心臓に刺さってます。
今度はタコラの仲間、デブラが手本を見せると2本目の矢。
お約束通り、矢はチョンボの脳天へ。
他にもヤバいシーンはてんこ盛り。
今だったら苦情が来て、即打ち切りになってるでしょうねぇ。
昔は良かった(?)と感じる番組です。

最後は「スーパーロボット マッハバロン」です。
今回の中では一番好きな番組なんですよ。
オープニングからしてカッコ良くってねぇ。
今や懐かしのスキャニメイトを多用した映像、
ロックそのものの主題歌、ガキンチョは一遍でファンになりました。
ストーリーは、わかりにくかったけど。
どうやらソコが難点で、打ち切りになったそうですが。
でもオープニングの画像だけでも、
一見の価値はあると思いますよ。




本日の一曲
「マッハバロン」すぎうらよしひろ
本文でも語っていた「スーパーロボット マッハバロン」の主題歌です。
Drのビートがテンポ良くって。
唸るようなGもなかなか。
オイラがロック好きなのも、この曲の影響かも。
歌詞も必殺技の名を入れながらも、ドラマがあります。
クレジットを見たら、作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫ですって。
どーりで納得出来ました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
危なすぎ…
興味が沸いてきたので「クレクレタコラ」調べてみました。
何スか、これ?
wikipediaに解説があったので観ていたのですが、題名が危ない。

「代理戦争の巻」とか「二人あわせて30犯」とか子供向けの域とっくに越してますし、クズ屋は放送コード引っかかってるし。
「気違い真似して気が触れたの巻」とか…
もう言うことなし。
4スト初心者 2006/11/29(Wed)01:55:06 編集
レスで御座います
4スト初心者サマ

「クレクレタコラ」、唯一マトモなのが主題歌です。
石川進が歌ってますし。
ただ彼の声って連続で聞いてると、洗脳されそうな・・・
好きなんですけどねぇ。
天プラ 2006/11/29(Wed)02:15:55 編集
無題
クレクレタコラは映りの悪いU局で2~3度見たことがありますが、ストーリーの印象が薄いのは初期作品を見たからかもしれませんね。
一度通しで見たくなってきました。
コイツ 2006/11/29(Wed)03:01:46 編集
レスで御座います
コイツさま

正直、通しで見るのはオススメ出来ません。
LDですらOPが各話毎に収録されてるので、洗脳されそうになります。
石川進の声って、脳天に響くし。

それと、残念ながら現存する全話を収録したDVDは、
初回限定生産で絶版になってます。
再販されても値段が3万近くじゃねぇ。
天プラ 2006/11/29(Wed)11:09:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]