忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ずっと休んでてスイマセンでした。
体調不良とか色々あったもので。
やっとこさ再開です。
ボトボチ行こうと思ってますが。
今回のテーマは、動物園です。

個人的には、動物園ってあんまり馴染みが無いんですよねぇ。
ガキの頃に何回か行ったぐらいでしょうか。
ソレも回数が少ないんですよ。
母親が動物園って嫌いなので。
最近はすっかりご無沙汰してます。

だから動物園の記憶があまり無くって。
天王寺動物園には何回か行ってる筈なんですが、
記憶に残っていません。

記憶に残ってるのが、北海道の帯広動物園。
以前ブログで書いた恐怖の観覧車のある遊園地が、
併設されていた場所です。
動物園も凄かったんですよ。
かなり昔に行ったんですが、
インパクトが強かったので未だに記憶に残ってます。

園内にはいろいろな動物が飼育されてましたが、
目玉があの映画にもなった「南極物語」の主人公、タロの子孫。

檻の中に何頭かの犬がいたんですが、
どう見てもただの犬です。

そりゃあねぇ、タロやジロは立派だったと思いますよ。
厳しい南極の自然に一年間耐えたんですから。
食料も自分で調達して。
そんなタロやジロも犬だから、
とっくの昔に死んるってのも理解出来ます。
せめて子孫でも、という気持ちも解らなくはないんです。
だけど飼育されている犬が何をやった、という訳でもないし。
のほほ~んと檻の中でくつろいでるダケですし。
まるでどこかの会社のボンボン社長みたい。
ちょっとコレはど-かなぁと、ガキでも思いましたよ。

あともう一つの目玉が凄くってねぇ。
空っぽの檻で、中に入る事が出来るんです。
で、檻には「ヒト」と書かれたプレートが。

オイオイ、監獄かよw
“ヒトも動物の一種”という考えから設置されたそうです。
確かに間違ってはいませんけどねぇ。
しかし入園料を払ってコレでは…
第一、ヒトの檻なんて全国各地にありますし。
帯広の近くだと網走とか。
中に入って見学は出来ませんけど。

もう長い間行ってませんけど、
北海道に行く機会があったらもう一度行ってみたいなぁ。
観覧車がどうなったのかも気になりますし。




本日の一曲
「ZOO」エコーズ
歌詞が良いんですよねぇ。
シニカルな視点の人間観察が。
作詞をした辻仁成、後に作家になるわけですな。
でもバンド活動は続けて欲しかったなぁ。
PR

今回のテーマは、バンドブームです。

先日、「リンダリンダラバーソール」という小説を読みまして。
作者は筋肉少女帯のVo.、大槻ケンヂ。
バンドブームを描いた小説なんですが、
「あー、中から見るとこうなってたんだー」って思いましたよ。
あの頃を知ってる方には、お勧めの小説です。

じゃあオマエはどうだったのかと言えば、
ずっと外から見てた方でした。
高校の同級生にはバンドをやってた連中もいたけど、
オイラはバカ(今でもそーですが)で貧乏でしたからねぇ。
そんな金あるわきゃない。
なけなしの金は、他の事に使ってたし。
でもね、「宝島」は毎月買ってたんですよ。
今じゃ週刊のビジネス誌になってますが、
当時は「宝島といえばロック、ロックといえば宝島」という存在でした。
ロック好き青少年のバイブルだった訳ですな。
当時はインターネットなんてなかったから、
雑誌に載ってる情報が全てでしたし。
広告も穴が開くほど良く見たものです。
ナゴムレコード(有頂天やたま、筋肉少女帯の)や、
キャプテンレコード(宝島お抱えだったんでやたら点数が多かった)、
太陽レコード(BUCK-TICKが所属してました)とかが印象的でしたね。

色々なバンドが雑誌を賑わしてました。
一番好きだったのは、筋肉少女帯でしょうか。
今も好きなんですけど。
やっぱりねぇ、初めて「高木ブー伝説」の広告を見た時は、
衝撃的でしたよ。
パンクスに変身した高木ブーと、
大槻モヨコの2ショットのイラストでしたから。
しかも描いたのが、当時「To-y」で大人気だった上條淳士。
で、タイトルが「高木ブー伝説」。
アレ程インパクトのある広告は、見た事がありませんでした。
「とにかく、何か知らんけど凄いのが出た!」って感じでした。
それからあれよあれよという間にメジャーデビュー。
一時期凍結されてたけど、去年復活したのは喜ばしい限りです。
はやく新しいアルバム出ないかなぁ。




本日の一曲
「踊るダメ人間」筋肉少女帯
一番好きな曲です。
某作家をモチーフにしたような歌詞、
橘高文彦の華麗なGに目が行きがちですが、
内田雄一郎のBもなかなか。
唸るような独特の音は、彼ならではだと思いますよ。

え~、しばらく休んでてスイマセンでした。
カゼひいて熱出しちゃったりしたモンで。
やっとこさ再開です。
そんな訳で再開第一弾のテーマは、夏祭りです。

関西に住んでいると、
夏祭りといえば祇園祭か天神祭になりますねぇ。
どちらも知名度バツグン、よく知られた夏祭りですし。

祇園祭は、実に京都らしいなぁと思います。
祭囃子自体も、
ゆったりとした時の流れを感じさせるメロディですし。
はんなりとした感じで良いなぁと思いますよ。
落ち着いた雰囲気の、おとなの祭ですな。
宵々山の日に四条通をバスで通った事があるんですが、
クライマックス直前なのにゆったりとした空気を感じました。
ただ一つ困った事が。
片側2車線でさほど広くない四条通、
山鉾があったりするんですがそれで1車線が塞がれてるんです。
おかげでバスは大渋滞。
歩いた方が速いくらいでした。
山鉾巡行の日は交通規制がありますが、
それより前の日も軽い交通規制は必要かと。
公共交通機関以外通行禁止、とか。

天神祭は、馴染みがあるんですよ。
日本一長い商店街で働いていた事がありますんで。
船渡御の日は、大忙しでした。
普段のんびりとした雰囲気の商店街が、
一気にお祭り全開モードになって。
忙しくって大変だったけど、お祭りの空気は良いものでした。
なんかワクワクしてくるんですよねぇ。
一番好きなのは陸渡御でしょうか。
船渡御に比べるとマイナーですが。
天満宮を出た祭列が船着場まで行く風景は、
祇園祭と同じくらい雅な風景です。
特に天神橋筋を渡る行列は見応えがありますよ。
その間、天神橋筋が通行止めになっちゃいますけど。




本日の一曲
「夏祭り」JITTERIN' JINN
カバーでも有名な曲ですが、
やはりオリジナルの方が良いですねぇ。
セミアコ独特のGソロが、曲の雰囲気を盛り上げてますねぇ。


第5回 簡単デミグラタン

今回は、お手軽な料理です。
でも実力は侮れませんよ。

材料

マカロニ 塩 ハヤシライスソース(レトルトのもの) 粉チーズ

作り方

①鍋にたっぷりのお湯を沸かして、塩を加えマカロニを茹でる
②茹で上がったらマカロニはザルにあけ、水気を切る
③マカロニを鍋に戻してハヤシライスソースを加え、火にかける
④火が通ったら皿に盛り付け、粉チーズを振り掛けオーブンで過熱する
⑤粉チーズに焦げ目がついたら、完成

オーブンに入れるのが面倒なら、
鍋で火が通った段階で皿に盛って完成にしても良いと思います。
それでも充分美味しいんですよ。
質問が御座いましたら、コメント欄かメールでお願い致します。

今回のテーマは噂です。

ちょっと腰が痛くなったので、
長い間ご無沙汰してた整骨院に行こうとしたんです。
そしたら母親が、
「あそこの先生、亡くなったんやで。他の人が跡を継いでるけど。」
との話。
「まぁええわ。他に行くトコもないし。」と思って行ってみると、

その先生、健在じゃねぇの!
「この度は…」なんて言わなくて助かりました。
もし言ってたら、怒られるトコですぜ。
一体ドコからそんな話を聞いてきたのやら。
“おばはんネットワーク”、恐るべしですなぁ。
まぁ“おばはんネットワーク”には過去の事例もあったんで、
過信するのは良くなかったんですが。

その過去の事例というのが、こんな話。
ある時、母親が「近所に温泉出来るねんて。」と言ってたんですよ。
確かにその場所は、何やら工事の現場となってました。
数ヶ月の後、工事現場に出来上がったモノは、

温水プールがついている、
スポーツクラブでした。

温水プールと温泉では、かなり違うと思うんですが。
まぁ似ている点も、強引に言えばあるかもしれないけど。
ホント、一体誰がこういう噂を流してるんでしょう?

とまぁ、“おばはんネットワーク”の凄さを語りました。
が、こういう事は“おばはんネットワーク”だけでなく、
インターネットでもよくある話なんですよねぇ。
「○○が△△なのは、実は◇◇のせいなんだ」とか。
「○○さんが△△したら、◇◇になった」とか。
インターネットは、匿名性が高いせいでしょうね。
かの名言、「嘘を嘘と見抜けない人には…」の通りですな。
でも事実確認が大変なのも、真実ですよねぇ。
新聞や雑誌の記事ですら、
後になって訂正記事がこそっと載ってたりしますし。
元の記事と比較にならない程の小ささで。
まぁオイラもこうやってブログを書いてる以上、
注意しなきゃいけないんですが。
なるべく色々調べてウラを取るようにしてますが、
ソレ自体が事実とは限らないし。
言い出したら、キリがないのかなぁ。
ちょっと問題の根は深いようです。




本日の一曲
「I HEARD RUMOA」BANANARAMA
典型的なストック・エイトキン・ウォーターマンの曲ですね。
正直、誰が歌っても同じような感じがします。
デビュー直後の方が、個性があって好きですね。
忍者ブログ [PR]