忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、身近な中華料理、餃子です。

最近、冷凍餃子のお世話になる事が多くなってます。
便利なんですよねぇ。
大して手間が掛からないし。
そのわりには、美味しい餃子が出来上がりますし。
コツも一つだけですし。
ソレも簡単なモノ。
仕上げの時にちょっとだけ油を鍋肌に垂らすだけ。
そうすると、餃子がパリッと仕上がりますよ。
オススメです。

そういえば餃子にニンニクが入ってるのって、日本だけだそうで。
本場の中国では水餃子が主流ですし、
日本の餃子って独特のモノなんですねぇ。
ホント、餃子を通して日本文化が見えるような気がします。
外来のモノに手を加えて独自に発展させる、という。
まぁニンニクはお店によったら、入ってない所もありますが。
たまに行くラーメン屋さんが、そうなんです。
ソコの餃子はちょっと変わってて、
チーズや海老が具になってます。
しかも漬けダレなし。
でも美味しいんですよ。
具に味がついてるから。
大将は「ミッドナイト・キスOK!」って言ってましたケド。

そーいえば博多ラーメンのお店に行くと、
餃子って小ぶりですよねぇ。
アレって、何故なんでしょう?
博多ラーメン自体、
気の短い人向けに早く出来上がるように細麺になってます。
餃子も早く出来上がるように、小さくなってるのでしょうか?
多分そんな気がするんだけどなぁ。
真相はどーなんでしょ?

餃子といえば、一度やってみたい事があるんですよ。
“餃子のみをひたすら食べる”って事なんですが。
ホラ、餃子って「とりあえず餃子」でしょ。
例えばこんなイメージ。

夕暮れの中華料理屋。
まだ暇な時間帯なので、
大将はスポーツ新聞を読みながらタバコを噴かしてる。
そこへ入ってくる一人のサラリーマン。
ネクタイの結び目を解きながら一言、
「大将、とりあえずビールと餃子!」

大体、こんなモノだと思うんです。
ビールのオツマミですね。
コレでは餃子があんまりです。
もっと立場を向上させたい。
だからこそ、
“餃子のみをひたすら食べる”って事をやってみたいのです。
でもつい他のモノを頼んでしまう事が多くて。
果たして餃子の地位向上の日は、いつやってくるのでしょうか?




本日の一曲
「THEME FROM GUTBUSTER」BENTLEY RHYTHM ACE
こういうビッグ・ビートって、センスが重要だと思うんです。
他のジャンルとは違い、縛られるものが少ないから。
個人的にはこのセンス、大好きですよ。
PR


第6回 玉ネギとツナのサラダ

今回は、ご飯のおかずになるサラダです。
お酒のオツマミにも、ピッタリですよ。

材料

玉ネギ ツナ缶 レモン 醤油

作り方
①玉ネギを薄くスライスし、水に晒しておく
②2時間ほどしたら水気を切り、ボウルに入れる
③ツナ缶を開けて、中身を全部入れる
④醤油とレモンの絞り汁を加え、掻き混ぜる
⑤2時間ほど冷蔵庫に入れ、味を馴染ませる
⑥皿に盛り付け、完成

写真では紫玉ネギを使ってますが、普通の玉ネギで充分です。
レモンを絞るのが面倒なら、
市販のレモン果汁を利用するのも良いと思います。
玉ネギを水に晒す時間の目安は、辛くなくなるまでです。
質問が御座いましたら、コメント欄かメールでお願い致します。

今回のテーマは、スパイです。

スパイといえば、やっぱり007ことジェームス・ボンドですねぇ。
スパイの代名詞ですし。
映画も沢山ありますし。
映画では色々な役者が演じてますが、
個人的にはロジャー・ムーアかなぁ。
ガキの頃からテレビとかでお馴染みだし、
娯楽作品として良く出来てますし。
そーいや「私を愛したスパイ」は劇場で見た記憶が。
ボンド・カーのロータス・エスプリ、カッコ良かったなぁ。
宿敵ジョーズとのアクションも。
スパイアクションとしての魅力に欠けるなんて指摘もあるけど、
オイラはコレで良いと思いますよ。
「映画は楽しくなくっちゃ」って考えだし。
そーいえばロジャー・ムーアって、
3代目ジェームス・ボンドなんですよねぇ。
初代は今も名優として活躍中のショーン・コネリー。
じゃあ2代目はといえば、
「女王陛下の007」でのジョージ・レーゼンビーだそうで。
ちょうどショーン・コネリーと、
ロジャー・ムーアに挟まれたカタチになってますね。
最近は何やってるんだろ?

映画といえば、
「ミッション:インポッシブル」のシリーズも有名ですね。
でもオイラは元となったTVシリーズ、
「スパイ大作戦」の方が好きですね。
映画も魅力的なんだけど、
TVにあった集団アクションの魅力が欠けちゃってるんですよ。
本来チームのリーダーだった、ジム・フェルプスの影が薄いし。
やっぱり
組織からテープで依頼を受ける→
ジムが具体的な作戦を考案し、担当メンバーを指名する、
ってシークエンスが魅力だと思うんですが。
勿論組織からのテープの、
「尚、このテープは自動的に消滅する」ってナレーションも。
今ではテープじゃなくて、PCデータになるんでしょうね。

小説では移転前にも書きましたが、
東郷隆の「定吉七番」シリーズが好きですね。
残念ながら本は絶版、電子ブックのみになってますが。
一言で言えば007のパロディなんだけど、
定吉の丁稚らしさが魅力ですね。
その最たる例が定吉カー。
本家ではアストン・マーチンだけど、
大阪らしくダイハツ・コンパーノスパイダー。
華麗に特殊ボタンを操って、危機を乗り切る本家に対し、
出たトコ勝負でボタンを押して、却ってピンチになる始末。
いかにも、って感じですね。
どこかで映画、せめてTVドラマにならないかなぁ。
今なら定吉カーは、同じダイハツのコペンになるでしょうケド。




本日の一曲
「LIVE AND LET DIE」PAUL MACARTNEY & WINGS
静と動のバランスが見事ですね。
やっぱりこういうのでは、ポール・マッカートニーって凄いわ。

今回のテーマは、洗濯です。

秋の気配が近付きつつあるとはいえまだまだ暑い近頃、
洗濯物が早く乾くので良いですねぇ。
梅雨時だとなかなか乾かなくって、
イライラしちゃう事もしばしばですから。
まぁ洗濯といっても、
洗濯機に洗濯物と洗剤を放り込んで、
スイッチをポチっと押すだけなんですが。
後は出来上がるのを待って、干すダケ。
簡単なモノです。

という訳で、ウチでは全自動の洗濯機を使ってます。
楽ですからねぇ。
今のウチに引っ越す時に買ったものだから、
もぅ4年ぐらい使ってる事になりますか。
あまり不満はないのですが、ちょっと困った点も。
まず時間が掛かるんですよねぇ。
出来上がるまで1時間弱といったトコロでしょうか。
他の用事をしながらやったりするようにしてるんですが、
待つのはなかなか苦痛です。
もぅちょっと早い方が良いなぁ。
あと静かなのは良いんだけど、出来上がりのブザーも静かでねぇ。
音がしないからまだかなぁと思って様子を見たら、
とっくの昔に終わってたなんて事も多々あります。
音量調整が出来れば、便利なんですケド。
そんな細かい不満はありますが、まぁ満足しています。

洗濯機といえば、最近二槽式を見ませんねぇ。
洗濯槽の横に、脱水層が別についてるヤツ。
ガキの頃は多かったんですけどねぇ。
ウチもそうでした。
でも今はすっかり全自動が主流になってるみたい。
洗濯物を移す必要があるのが、嫌われちゃったのかも。
ドラム式も出来ませんし。
やはりそのうちなくなっちゃうのかなぁ。
なんだかチョッピリ寂しいような気が。

洗剤で特にコレでなくっちゃ、というのはありません。
強いて言えば、液体洗剤を買うわないくらい。
アレはどーしても重くなっちゃうんで。
切れかけたらドラッグストアに行って、テキトーに買ってます。
特売品とかを。
色々効能とか書いてあるけど、
大して違いがあるようには思えないし。
なんかオバチャンみたいですが。
通販番組の洗剤は、使った事がありません。
「本当に落ちるのかなぁ?」って思っちゃうんですよねぇ。
こんな点もオバチャンみたいですね。
あらあらやーねぇ。




本日の一曲
「WASH WASH」PRINCE BUSTER
典型的なSKAナンバーです。
でもプリンス・バスターのVo.が、
ただならぬ雰囲気を醸し出してます。
流石バスター節は一味違う、って事でしょうか。

今回のテーマは、毎日お世話になってる寝具です。

オイラの場合、ベットのお世話になってます。
マット代わりに布団を敷いて。
硬さも柔らか過ぎず丁度良いのですが、一つ困った点が。

朝目覚めると、必ず布団がズレてます。
ちゃんと寝る前には布団を載せてるんですよ。
なのに朝になったらズレまくり。
寝相が悪いんでしょうかねぇ。
面倒臭いなぁと思いつつ、
寝る前に布団を載せるのが習慣になってるのでありました。

掛け布団は今は夏布団を使ってます。
タオルケットだと寝冷えが心配なんですよ。
エアコンつけて寝る事が多いので。
アッチの方が軽いんですが。
まぁ人によって好みは色々あると思うんですが、
オイラは掛け布団が軽いのが好みです。
思いと多少寝相が悪くても大丈夫というメリットがありますが、
起きた時に疲れが残っちゃうんですよねぇ。
そんな訳で、掛け布団は軽いのを愛用してます。
今は羊毛布団ですか。
タダ軽いだけじゃなくって通気性も良いせいか、
暑くなってきても使えるんですよ。
あまり夏布団の必要性を感じないくらいです。
結局、夏布団のお世話になるんですケドね。

枕には、一つの拘りがあります。

蕎麦殻100パーセントでないと駄目。
一時期プラスチックパイプのモノや、
綿と蕎麦殻の混合も使った事がありました。
でも、どーもしっくりこないんですよねぇ。
なんか違和感があるんですよ。
で、蕎麦殻枕に頭を預けると、
「コレだ!コレだよ!」となります。
何故でしょうねぇ。
微妙な差なんでしょうか。
不思議だなぁと思いつつ、今日も蕎麦殻枕を愛用するのでした。




本日の一曲
「GOOD NIGHT」THE BEATLES
リンゴ・スターのVo.が良いんですよねぇ。
優しさと暖かさに溢れていて。
バックがオーケストラというのも、ソレを強調してると思います。
流石レノン=マッカートニーですね。
忍者ブログ [PR]