忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、おばはんです。

おばはんといえば疑問に思うんですが、

何でおばはんは照れ隠しに、
デヘヘと笑うんでしょうか?

うちのオカンもよく笑います。
自分の都合が悪くなった時とかも。
決まってデヘヘと笑います。
もうね、ソレ見ただけで追求する気無くしますわ。
本人に聞いても、

「まぁええやんそんな事」
まったく、おばはんというのは身近で謎な存在です。

もう一つ謎なのがアメを持ち歩いている事。
ウチのオカンは持ち歩いてませんが、
持ち歩いてる人はかなり多いようです。
うちのオカンに聞いてみたら、
「喉が渇く人が多いんちゃう?」
とあまり納得できない答えが返ってくる始末。
ホント、おばはんは謎です。

謎といえば謎の“おばはんネットワーク”。
詳しくはこちらに書きましたが、
どういう伝わり方をしたらこうなるんでしょうか。
うーむ、謎ですねぇ。
やはり謎は謎のままにしておいたほうが宜しいんでしょうか?
なんか引っかかる今日このごろです。





本日の一曲
「Come on おばはん」上田正樹と有山淳司
「悲しい色やね」とは全然違いますが、
これも上田正樹らしい曲です。
Pia.のソロがまたカッコイイんですよねぇ。
PR

今回のテーマは、おでんです。

みなさんは、おでんの具といったら何を思い出します?
厚揚げ、大根、餅巾着でしょうか。
牛スジ、コンニャク、も良いですねぇ。
人によってそれぞれだと思います。

でもちくわぶだけは許さねぇぞ!
大体、うどんみたいに細くないから、味が染み込まないし。
食感もぷにょぷにょしてて変だし。
長いあいだ関西じゃ見掛ける事が出来ず、謎の食物でした。
謎は謎のままの方が良かったなぁ。

そういえば自炊してた時の話ですが、
おでんだけは作った事がありませんでした。
理由はカンタンなんです。

おでんの材料、値段高すぎ
一つ一つは安いんですよ。
でもおでんって数がなけりゃ寂しいいじゃないですか。
そうするとどーしても高くなるんですよねぇ。
一人暮らしなのに材料費2000円超えたりとか。
これじゃあコンビニでおでん買ってる方が安いわな。

そのコンビニおでんですが、買うタイミングが難しいんですよねぇ。
具が沢山ある内は、味が染みてなかったり。
味が染みたと思えば、具は売り切れ寸前になったりとか。
予約システムがあれば、そういう事にならずに済むのに。
でもシステム上難しいやろなぁ。





本日の一曲
「青春おでん」twe'lv
key.とg.がGS風ですね。
それもあってかレトロ調になってます。

今回のテーマは猫です。

今は飼ってませんが、昔は飼ってました。
あのくろっちょんとか。
あ、くろっちょんはこちらを読んで頂けるとだいたいわかります。
一口で言うと、たまらん猫ですな。

だから今一番身近な猫といえば、
親戚ん家の猫になります。
名前は「タマ」。
雑種のメス猫で、10何歳のおばちゃん猫です。
昔はマメに動いてましたが、
今は日向ぼっこすることが多いようで。
くろっちょんと違って口も卑しくないし、猫のいい猫です。

そういえばギモンに思う事が一つ。

ナゼ鼻先に指を出すと、
匂いを嗅ぎだすんでしょうか?

別に匂いを嗅ぐ必要はないと思うケド。
何故かクンクン嗅ぎだします。
どーしてなんでしょうねぇ。
大きな疑問です。

猫といえば某駅長。
昔から知ってますが、
今や招き猫を通り越してCMにまで出る始末。
すっかりメジャーな存在になりました。
でも今はガラスケースの籠の鳥。
果たして猫にとってはそれが幸せなのかなぁ。
ちょっとギモンに思います。





本日の一曲
「Shotgun Sally」Cats In Boots
鳴り物入りでデビューしたバンドのデビューシングルです。
典型的なL.A.メタルですね。

今回のテーマは立花ハジメです。

初めての遭遇(?)は、
当時NHKの人気番組だった「600こちら情報部」でした。
「'80春 テクノ・ポップって何?」って特集に、
プラスティックスがP-MODELやヒカシューと出演してたんです。
しかしムチャですよねぇ。

NHKにP-MODELとヒカシュー、
プラスティックスを出演させるのって。

子供向け情報番組ですよ。
プラスティックス自体は、
「Vo.が変わってて面白いなぁ」っていう感想でした。
特にファンにならなかったなぁ。

次の遭遇が三菱のビデオのCM。
曲は「AB1013」って曲でした。
CMに御本人も出演してて、サックスを吹いてました。
それが格好良くってねぇ。
早速レコード買いました。
12インチシングルを。
12インチシングルってのが時代ですねぇ。
今だとダウンロードになるんでしょうか。
それからドハマリして、今に至ってます。
勿論プラスティックスも。
立花ハジメ展にも行きましたよ。
本業のタイポグラフィや、
ブレイクダンス養成ギブスは感動したなぁ。
でも一番のお気に入りは自動楽器アルプス1号。
アレが並んだステージは壮観だったろうなぁ。

立花ハジメといえば、スウォッチのデザインもしてるんですよねぇ。
Graphickersって名前の95年秋冬モデル。
文字盤とベルトにロゴが入ってて、なかなかのデザインです。
残念ながらオイラは持ってませんケド。
でも欲しいなぁ。





本日の一曲
「AB1013 」立花ハジメ
Key.がカッコイイ曲です。
Sax.の入るタイミングが絶妙ですな。

今回のテーマは、料理です。

最近は料理をしなくなりましたねぇ。
それにはちょっとした理由がありまして。
今住んでるトコロ、調理器具が電熱コンロなんです。、

電熱コンロ一器じゃあ、
お湯を沸かす事しか出来ませんし。

ワンルームの台所なんてそんなモンかもしれませんが。
でも欲を言えばちゃんとしたコンロが欲しいなぁ。
昔住んでたマンションは一口ながらガスコンロがあったんですがねぇ。

そんな訳で絶賛お休み中の「新・モーレツ料理狂室 」ですが、
再開の目処が全く立ってません。
そのまま辞めちゃうかも。
だってアレ、物凄く手間が掛かってるんですよ。
効果は全然無いようですケド。
撮影の為に料理を作らにゃならんし、
出来上がったモノを撮影せにゃならんし。
しかも撮影してはパソコンに取り込んでの繰り返し。
その間に料理は冷めて不味くなるし。
覚めた料理を泣く泣く食べなきゃならんし。(料理が勿体無いからね。)
その割に評判イマイチだし。
そういえば材料の分量が書いてありませんが、

料理は自分のカンでするもの
という信念があるからです。
だいたい、どれだけの量が欲しいかなんて、人それぞれでしょう。
味の濃さもそうですし。
最終的に決めるのは、自分のカンと経験だと思います。
なぁに、自信がなかったら味見すりゃ良いんですよ。
失敗したらしたで、次に頑張りゃ良いだけですし。
たかが料理なんだから、もっと気楽に構えりゃいいのにねぇ。





本日の一曲
「Backdraft Theme music」Hans Zimmer
イントロが印象的な曲です。
料理の鉄人のテーマ曲に使用されてましたねぇ。

忍者ブログ [PR]