忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、身近な野菜、トマトです。

トマトは便利ですねぇ。
生でも良いし、ソースの材料にしても良いし。
野球選手で言えば、
先発もリリーフもこなす万能選手といったところでしょうか。
冷蔵庫の中にあったら、役に立つ一品ですね。

生のトマトはですねぇ、
よ~く冷やしてちょっと厚めにスライスして、
マヨネーズをちょこっと塗るか塩を少し振りかけ、
一気に食べるのが好きですね。
マヨネーズの量が多かったり、
塩が多かったりするのはダメですよ。
トマトの味がわからなくなっちゃいますから。
でも良く考えてみると、
最近のトマトって甘くなったような気がしませんか。
昔のトマトは、もっと青臭かったように思います。
何でかなぁと思って調べてみたら、
完熟トマトの代名詞、桃太郎が8割近くのシェアがあるそうで。
それだけ完熟トマトって、普及してるんですねぇ。
しかも桃太郎って一種類だけじゃなく、
ハウス栽培に適したもの、病気に強いものなど色々種類があるそうで。
このキメ細かい対応が、トップシェアの原動力なんでしょうね。
実に日本の会社らしい話だなぁ。

生といえば、トマトジュースも好きですよ。
どちらかといえば、何も入ってないのが好みです。
そういえば、トマトジュースにはちょっとした疑問が。
なぜタバスコを入れるんでしょうか?
確かにトマトとタバスコの相性は、抜群ですけど。
調べてみたのですが、わかりませんでした。
どこかのお店が発祥の地のはずなんですが、
どこのお店なんでしょう?
う~む、ギモンだ。

トマトといえば、トマトケチャップも忘れてはいけませんね。
オムライスやチキンライスなど、
洋食には切っても切れないモノですし。
ちょっと火を加えると、
トマトの酸味が飛んでまろやかになるんですよねぇ。
だからケチャップライスを作る時は、
ご飯より先にトマトケチャップを入れるのがオススメですよ。
トマトケチャップも色々なメーカーがありますねぇ。
オイラが好きなのは、某外資系メーカーのモノです。
逆さに立てる事の出来る製品があるメーカー。
なんとなくトマトが濃いような気がするんですよ。
気のせいかなぁ。




本日の一曲
「トマト・イッパツ」スペクトラム
この曲もそうですが、
スペクトラムの曲ってやはりHor.が強烈ですね。
でも良く聴くと、ソレだけじゃないんですよ。
かなりファンキーなBとか。
Cho.も丁寧だし。
圧倒的な技術力がバックボーンにあるからなんでしょうねぇ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ほんと万能選手ですよね
一時期スープをよく作ったものです

青くさいトマト、
思い切りかじりたいですわ
ko.i.tsu 2007/05/20(Sun)01:21:20 編集
レスで御座います
ko.i.tsuサマ

スープも良いですよねー。
具だくさんのミネストローネとか。
沢山具を入れても味が破綻しないのは、
やはりとトマトのおかげなんでしょうか。

青臭いトマトを体感しようと思ったら、
やはり自分で栽培するしかないみたいです。
鉢植えで挑戦してみては如何でしょうか。
天プラ 2007/05/20(Sun)07:18:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]