忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、ハヤシライスです。

好きなんですよねぇ、ハヤシライスって。
カレーライスより好きです。
ギュ~っと濃縮されたソースの旨みと、
香ばしく炒めた肉の旨みが溜まりません。
シャキシャキ感が残る玉ネギの甘みも、
良いアクセントになってますし。
食べるたびに、なんだか幸せな気分になってきます。

そんなハヤシライスですが、やはり地位が低いような。
確かにカレーみたいにわかりやすいスパイスの刺激はないし、
ソースや肉の旨みってのは子供にとってわかりにくいと思います。
だから子供に人気が無いのは、理解出来ます。
どちらかと言えば、大人の料理でしょう。
それゆえなのか洋食屋さん以外のレストランでは、
地位が低いような気がします。
洋食屋さんでは、花形なんですけどねぇ。
でもよく考えたら、ソレだけが原因じゃないみたいです。
ハヤシライスの命って、デミグラスソースですね。
で、そのデミグラスソースですが、

イチから自作すると、丸一週間かかります。
洋食屋さんでは、自作してるお店も結構あるみたいです。
洋食屋さんに於いてデミグラスソースは、
ハヤシライスだけでなく色んな料理で多用する、
“洋食屋の命”と言ってもいいぐらいのモノですから。
でも普通のレストランでは、無理ですよねぇ。
結局、缶詰のお世話になるんですが、ソレが原因のような。
その上ハヤシライスってシンプルだから、
技量の良し悪しがすぐわかっちゃいますし。
作る側としたら、難しい料理だと思います。
でもそれゆえ腕を振るう甲斐があると思うんですけど。

ハヤシライスも名前の由来には、諸説あるそうで。
ハッシュド・ビーフ・ウイズ・ライスがなまった説と、
早矢仕有的さんが考案したという説、
コックの林さんが賄いとして考案した説が有力だそうで。
普通に考えるなら、ハッシュド・ビーフ~説でしょうね。
長い名前だから、縮めたくなるのはわかりますし。
でも個人的には、林さん説を推してみたいなぁ。
その方が夢がありますから。




本日の一曲
「A SHOT IN THE DARK」THE SKATALITES
ヘンリー・マンシーニの作曲した、
ピンク・パンサーシリーズ第2弾の映画主題歌がオリジナルです。
でも他の曲と比べて、全く遜色ありません。
オリジナルと言っても通用するくらい。
それだけメンバー個々の力量がある、という事なんでしょうねぇ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ハヤシ
一度だけ、市販のハヤシのルーでハヤシライス作ったことがありますが、あまり美味しくなかった。甘いのですよ、あれ。
4スト初心者 2007/01/06(Sat)22:51:48 編集
レスで御座います
4スト初心者サマ

確かに市販のルーは甘めですね。
缶詰のドミグラスソースを使う、というのは如何でしょうか?
隠し味に醤油とウスターソースを入れると、味が締まりますよ。
天プラ 2007/01/06(Sat)23:30:31 編集
無題
私がこんど関西遊びに行ったときに
どこかの洋食屋さんでいっしょに食べたいです。
おいしいハヤシライス。
ko.i.tsu 2007/01/14(Sun)08:48:01 編集
レスで御座います
ko.i.tsuサマ

良いですねぇ。
オススメは新世界のグリル梵でしょうか。
それなりのお値段ですけど。
天プラ 2007/01/14(Sun)17:57:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]