忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、エルヴィス・プレスリーです。
昨日が命日だったので。

オイラにとってプレスリーって、晩年のイメージが強かったんですよ。
オイラがガキの頃に亡くなったんですが、
その時テレビで晩年の様子ばっかり見せられてたから。
キンキラと装飾のついたジャンプスーツ着て歌う姿ですな。
正直、カッコ悪いなぁって思ってました。
歌うのも、スローテンポなモノばかりでしたし。
何より肥ってましたからねぇ。

そんな訳であまり良いイメージじゃなかったんですが、
軍隊に入る前の映像を見て、考えが変わりました。

何よりダンスが凄いんですよ。
特に腰の動きがセクシーで。
エド・サリバンショーに出た時、
上半身しか写されなかったってエピソードが納得出来ます。
今見てもセクシーだから、当時はさぞ衝撃的だったんでしょうねぇ。
半世紀近くも前の話ですし。
それに、歌う時の細かい仕草もセクシーだし。
で、改めて晩年の映像を見てみると、
やっぱりねぇ、プレスリーはプレスリーなんですよ。
根本的に流れるセクシーさは、なんら変わってないんです。
確かに体型は変わり、激しいダンスも無くなってます。
でも歌う時の仕草は、相変わらずセクシーなんですよ。
ふと向ける目線とか。
でも分かり難いですよねぇ、そういう細かいところって。
オイラがトシ食った証拠なんでしょうかねぇ。

あとプレスリーの凄いところって、
No.1ヒットソングだけを集めたアルバムがあるんですよ。
他にこんな事が出来るとしたら、ビートルズぐらいですねぇ。
オイラもそのアルバムを持ってるんですが、
流石No.1ヒットソング、いわゆるハズレがありません。
今でもたまにクルマの中で聴いてます。
そして聴くたびにプレスリーの凄さを感じてます。
やっぱり、プレスリーは“キング・オブ・ロックンロール”ですねぇ。




本日の一曲
「DON'T BE CRUEL」ELVIS PRESLEY
説明不要なくらい有名な曲ですが、
この曲の魅力はプレスリーのVo.でしょうねぇ。
サビの部分での伸び、その後のフレーズのセクシーさは、
彼ならではだと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
話によると…
エルビス・プレスリーは今でも生きているみたいですね…
時たま、アメリカ国内で見かけられるみたいです
4スト初心者 2006/08/18(Fri)00:08:52 編集
レスで御座います
4スト初心者サマ

たまに東スポに載ってますねぇ。
まぁアドルフ・ヒトラーも山本五十六も生きているって話がありますから、
プレスリーはまだ可能がありますね。
天プラ 2006/08/18(Fri)00:16:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]