忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回のテーマは、ホテルです。

あんまり縁がないんですよねぇ、ホテルって。
出張の時ぐらいかなぁ。
特にちゃんとした(?)ホテルには縁がなくって。
出張だと費用の制限があったし、
個人の旅行だと費用キツキツの貧乏旅行でしたから。
という訳であまり経験は無いのですが、凄いホテルの話を少し。

某出版社が用意してくれたホテルは、神田の神保町にありました。
外観も普通、食事も普通、バス・トイレも普通、
一点を除いてごくごく普通のホテルでした。

部屋の中にどーんと、
事務用デスクが鎮座してた点以外は。

事務用デスクってのは、アレですよアレ。
会社や学校でお馴染みの、ねずみ色したデスク。
普通のホテルの部屋には、存在しないシロモノです。

どーやらココは、
カンヅメ用のホテルだったみたいです。

カンヅメってのは、原稿の締め切りに間に合いそうもない時に、
作家を閉じ込めて原稿をやらせる事ですね。
編集者が見張りをしたりして。
しかし、何が悲しゅうてこんな目に。
編集者の見張りは、ありませんでしたけど。
貴重といえば貴重な体験ですが、二度と味わいたくない体験でした。

料金が安いってんで良く利用してた、某ホテル。
安いだけあって、なかなかユニークなホテルでした。
部屋の真ん中に、不自然な形で板張りのところが。
なんでも昔ボーリング場だった頃の名残で、レーンの跡だそうで。
本当かどうか知りませんが。
24時間出入り自由、缶ビールの自販機も24時間稼動してましたし。
一番凄かったのは、一時期あった夜間入り口。
一度利用した事があるんですが、

係りの人が外人で、
日本語が通じませんでした。

一体、何の為の夜間入り口だったんでしょうか。
今となっては、全てが闇の中ですが。
思い出すたびに、気になります。




本日の一曲
「HOTEL CALIFORNIA」THE EAGLES
説明不要の名曲ですね。
ドン・ヘンリーの抑えたVo、ダブル・ミーニングを用いた歌詞、
6弦と12弦、アコースティックを用いたG、
全てにおいて完全に調和が取れています。
ただ完全であるが故、“終わり”を感じるのは気のせいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]