忍者ブログ
身の回りの事などをダラダラと… ボチボチ更新してます
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
天プラ
性別:
男性
自己紹介:
大阪府在住のオッサン。
最近ちょっとボケてます。
オイラ個人への連絡は、
コメント欄にてお願い致します。
[134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



すっかりご無沙汰しております。
体調が良くなかったり色々ありまして。
またボチボチやっていけたらと思ってます。
どーなるかわかりませんけど。

今回のテーマは、前回前々回に引き続きカメラです。

上の写真は、近所に咲いてるツツジの花。
綺麗だったんで、ちょっと撮ってみました。
いつもの貰い物のデジカメで。
いいかげん新しいのが欲しいのですが、先立つモノが…
でも古いカメラでも、工夫によってはまだまだ仕えますよ。

上の写真ですが、普通のデジカメで撮影すると、
後ろの花とか全体にピントが合った写真になると思います。
ピントが合ってるというと良いように思いますが、
のぺ~っとして奥行きが感じられない写真ですよ。
どの花を撮影したいのか、わからなくなりますよねぇ。
そこで望遠+マクロモードで撮影してるんです。
マクロモードって、接写専用のように思いがちです。
でももう一つの特徴の
「ピントの合う範囲が狭い」
というのを利用しているわけですよ。
見事にバックがボケて、立体感のある写真になりました。
この写真は植物ですが、
ポートレートを撮影する時にも、応用出来ると思いますよ。
背景がゴチャゴチャしている時とかに。

なんかカメラ講座みたいですねぇ。
久々だから勝手が違うようです。

そういえば最近はデジタルの一眼レフにも、
ライブビュー機能がついてるのが多いようです。
使い勝手という面では、まだまだのようですが。
ライブビューになるとオートフォーカスが出来ないとか、
シャッターが下りるまでにミラーが動いてタイムラグがあるとか。
個人的には、

ライブビュー、ないと困るシロモノです。
眼鏡を掛けたままファインダーを覗くと、
一部ファインダー内の画像が見えなくなるんです。
“ケラレる”ってヤツですね。
かと言って視度調整機能を使うと、
いちいち眼鏡を外したり掛けたりする必要がありますし。

ライブビューだと眼鏡を掛けたまま、
画像を確認して撮影が出来ます。

コレって凄い利点なんですよ。
あまりカメラメーカーは強調してませんケド。
“眼鏡大国”と言えるくらい眼鏡の利用者が多いニッポン、
もっとアピールすべき利点だと思うのですが。




本日の一曲
「血を吸うカメラ」鈴木さえ子
今や某アニメの音楽担当で有名ですが、
ミュージシャンとしても実力もなかなかですよ。
女性らしくないパワフルなDr.が印象的です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]